投稿

2021の投稿を表示しています

青梅線 奥多摩行き

イメージ
    最近、青梅線奥多摩行きの英語表記が変更になり、「 OKUTAMA 」から「 Oku-Tama 」と表示されるようになりました。 車両の行先表示や駅名標は以前から「 Oku-Tama 」だったので、発車標も合わせたものと思われます。 中央線内での表示は未確認です。

🚒🚒熱中症に要注意!🚒🚒

イメージ
🚒🚒熱中症に要注意!🚒🚒 (総武線 両国駅)   両国駅の消防車は、 去年の秋から出動🚒しています 。 中央・総武各駅停車 両国駅コンコース発車標の割付が変更され、左詰めの表示になりました。 右3桁が空いている状態ですが、荻窪や以前の中野駅同様、おそらく遅れ表示ではないかと思います。 ホームの表示に変更はありませんでした。 火災予防運動のスクロールに消防車?が表示されていました。 pic.twitter.com/QcDd1ObVx4 — あとす (@ATOS_LED) 2020年11月15日

茅ケ崎駅発車標(回送の停車駅・経由)

イメージ
  茅ケ崎駅の発車標では、親切に回送の停車駅・経由を案内していました。    実際には、茅ケ崎駅が親切に回送列車に「辻堂停車」や「新宿経由」を表示しているという訳ではなく、これらの表示は元々湘南新宿ラインの快速列車に対して表示しているものです(おそらく列車番号と紐づけて表示させている)。 今回の表示は、所定湘南新宿ラインの快速列車がダイヤ乱れの影響で回送扱いとなり、更に列車番号に変更が無かったために見られたものと思われます。 通常、回送の場合は他の項目は表示されません(時刻を表示させることは可能)が、駅独自の内容(手入力等)は表示させることが可能なようです。

相模線 厚木行き

イメージ
    相模線 厚木行き@橋本駅発車標

大船駅 フルカラー発車標(書換え準備中)

イメージ
大船駅の例の巨大発車標ですが、現在下の路線図部分に「書換え準備中」の貼り紙が。 下には何が書かれているのかを、過去の写真で確認してみました。 どうやら東海道線に乗っていくと、大宮から籠原・小金井・高崎を経由して、宇都宮に向かうようですね。  明らかに不適切な表示だと思いますが、いつから表示されているのかを見てみました。 フルカラー発車標導入時には既にこの表示でしたが、3色LED時代の上野東京ライン開業の時から変わっていませんでした。 約6年間も放置されていたようです…。 

ホリデー快速鎌倉号 南越谷行き

イメージ
  ホリデー快速鎌倉号 南越谷行きです。 ナンバリングも表示しています。

東海道線 大船行き

イメージ
  今日のダイヤ乱れに伴い運転された、東海道線の大船行きです。 平日朝に1本運転されているため、行先自体は珍しいものではありません。 川崎駅発車標では、ナンバリングも表示されていました。   大船駅は横須賀線ホーム7番線に到着し、折り返し古河行きになりました。 

宇都宮線 小山行き・蓮田行き

イメージ
  宇都宮線 小山行き・蓮田行き(大宮駅にて)

快速「鎌倉あじさい号」

イメージ
    府中本町駅で撮影した「快速鎌倉あじさい号」の発車標です。 表示は手入力でしたが、停車駅スクロールが確認でき、到着予告放送でも「快速鎌倉行き」と流れていました。 なぜか接近表示が列車出発後まで消えませんでした。 

南武線 稲田堤駅

イメージ
    南武線 稲田堤駅では、橋上駅舎化工事に伴い、明日6日から仮設駅舎に移転されます。      気になる仮設駅舎ですが、出入口がかなり狭く、券売機は改札脇ではなく、道路に面する少し離れた場所に設置されているようです。 今日時点で発車標は設置されていませんが、支柱と思われるものが確認できます。 そのため津田山駅と同じように、発車標は現駅舎から移設されるものと思われます。

横浜線 長津田駅(町田行6桁表示)

イメージ
長津田駅の発車標で見ることができる、町田行6桁の表示を撮影してきました。 

埼京線 大宮駅

イメージ
埼京線 大宮駅ホーム発車標にちょっとした変化がありました。これまで新木場行きは、直通先の路線名「りんかい線」表示で案内していましたが、「埼京線」表示に変わっています。動画にまとめました↓

東海道線 川崎駅(再変更)

イメージ
東海道線 川崎駅の発車標ですが、5月8日15時台に確認したところ再度割付が変更になっていました。 同日12時台には変わっていなかっため、その後の変更となります。 種別が1桁・路線名が4桁に戻ったほか、列車名(4桁)が先発・次発共に表示されるようになりました。号数は表示されません。

東海道線 川崎駅(続報)

イメージ
東海道線 川崎駅発車標の続報です。 快速アクティーの場合、先発列車であっても古い割付には戻らず、列車名も表示されません。 また、沼津行きではナンバリングは表示されませんでした。    毎度お馴染み「上野に行かない上野東京ライン」。 川崎駅発車標の割付は変わりましたが、直通中止になっても「上野東京ライン」が表示されるのは変わっていません。 ナンバリングの方は、行先に連動して変化するようです。

横浜線 長津田駅

イメージ
横浜線 長津田駅の発車標ですが、種別と交互に路線名の表示が追加されていました。 下り方面と、上り東神奈川までの列車には「横浜線」が、桜木町へ向かう列車には「根岸線」が表示されます。 「根岸線」3桁が表示されるのは初でしょうか?

東海道線 川崎駅

イメージ
東海道線 川崎駅ホーム発車標の割付が変更され、種別が2桁・路線名が3桁で表示されるようになりました。 あわせてナンバリングを模した表示が追加されています。 なお、この割付では列車名は表示されません。     「この割付では」と書いたのは、特急踊り子が先発になると以前の割付に戻り、列車名が表示されるようになるためです。 以前にも、先発列車の条件で発車標の割付が変わる駅を紹介しましたが、川崎も同じような設定になっているようです。    上野行き・小田原行き・平塚行きのナンバリング表示です。 伊豆急下田行きではナンバリングは表示されません。 ナンバリングが未設定となっている宇都宮線・高崎線方面の列車も、当然ですが非表示です。 なおコンコースの発車標は今まで通りの表示です。