投稿

総武快速線 誉田行

イメージ
    【総武快速線 誉田行】 蘇我駅付近での大規模イベント(ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022・通称ロッキン)開催のため、東京駅7:43発津田沼行きは、8月13日までの土休日に誉田駅まで延長運転されます。 発車標にも「誉田」の表示が出ています。      新小岩駅・市川駅発車標の誉田行き表示です。     津田沼駅の誉田行き表示です。 発車標の停車駅スクロールは表示されていましたが、接近放送は簡易型でした。

中央線 四方津駅のページを作成し、変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】中央線 四方津駅 のページを作成し、変更を反映しました。

中央線 四方津駅に発車標設置

イメージ
中央線 四方津駅の新駅舎に、発車標がつきました! 【四方津駅】新駅舎に発車標設置!放送更新 英語放送&入線メロディー    四方津駅の発車標は14桁で、相模湖駅・藤野駅に表示が似ていますが、時刻3桁・行先5桁の設定です。 のりば2番線は、赤字点滅します。

東神奈川駅

イメージ
東神奈川駅、京浜東北線コンコース発車標の筐体に横浜線が併記されている問題 ※ (?)ですが、横浜線ATOS化以前の写真を発掘しました。 ※発車標の路線名・方面表示の部分の話です。   2番線始発の大宮行は2番線ホームの発車標には表示されますが、3・4番線には表示されません。 4番線発の八王子行は2~4番線ホームいずれの発車標にも表示されました。    2015年の横浜線ATOS導入直前の状況では、2番線からの大宮行は京浜東北線の発車標に、4番線からの八王子行は横浜線の発車標に表示されていました。 そのため、京浜東北線北行コンコースの発車標の筐体に横浜線が併記されている問題は解決しませんでした。   同様のケースは、南船橋駅でも確認できました。 京葉線 東京方面の発車標に武蔵野線の表示がありますが、武蔵野線 西船橋方面は専用の発車標に表示されます。 分岐駅を中心に、他にも見られるかもしれません。

パーツ集/行先/総武快速線に「鹿島神宮」4桁、「成田空港・鹿島神宮」5桁・6桁を追加しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】 パーツ集/行先/総武快速線 に「鹿島神宮」4桁、「成田空港・鹿島神宮」5桁・6桁を追加しました。

特急あやめ祭り号 鹿島神宮行き

イメージ
    【特急あやめ祭り号 鹿島神宮行き】 新宿駅・錦糸町駅の発車標では、列車名が表示されていました。 JR東日本アプリでも「あやめ祭り」と表示されるため、今回はATOS側で列車名を設定しているようです。      船橋駅・津田沼駅の発車標は手入力表示でした。 津田沼は列車名3桁の設定ですが、残念ながら見ることができませんでした。   あやめ祭り号の停車駅スクロールですが、新宿駅では佐原までの案内、船橋駅では潮来まで案内されていました。 ATOS発車標では12駅までの停車駅が表示されますが、新宿から潮来は10駅目のため省略はされないはずで、省略されれば「 佐 原 の順に停車致します。 」になります。 別日に撮影したため、停車駅の設定に誤りがあった可能性もありますが、新宿駅では何らかの事情で潮来を認識できなかったのかもしれません。

東海道線 湯河原駅の変更を反映しました。

イメージ
  【#LED発車標Wiki更新情報】東海道線 湯河原駅 の変更を反映しました。