投稿

2020の投稿を表示しています

京葉線 新木場駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】京葉線 新木場駅の変更を反映しました。

東海道線 真鶴駅

イメージ
東海道線 真鶴駅の上り発車標に「東京経由」の表示が追加されました。
以前は、路線名(上野東京ライン)が表示されていた部分です。
湯河原駅も同様に変わっているようですが、時間が無かったのでまた後日確認します。

○○経由といえば、湘南新宿ラインでは「新宿経由」と表示されている駅がありました。
英語は「SHIN -JUKU」と表示される駅が多かったですが、保土ケ谷駅では途中から「VIA SHINJUKU」に変更されていました。
「経由」のあたりは、真鶴駅発車標の表示ともよく似ています。 https://t.co/fiAF2FSJ4O

すべて緑色で表示される発車標

イメージ
東海道線 根府川駅の下り発車標が、すべて緑色で表示されていました。
(少し前に西府駅でも同様の事象があったとの情報もあります)

表示色を緑にしたのではなく、何らかの理由で発車標の"赤"が点灯していないようです。
そのため、先頭1桁は本来赤で快速と表示されますが、無表示になっています。

以前撮影した、正常に表示されている状態の写真です。
赤が点灯しないため、本来赤と緑を両方点灯させて橙色を表示させているものが、ただの緑になってしまっています。

京葉線 潮見駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】京葉線 潮見駅の変更を反映しました。

山手線 新宿駅

イメージ
山手線 新宿駅15番線ホームに設置されたLCD発車標の使用が開始されました。
既にLCD発車標が設置されている13・14番線および16番線は、本日現在未稼動です。

古いLED発車標もまだ稼働しており、2種類の発車標が稼働している過渡期の姿になっています。

武蔵小金井駅コンコース(下り)発車標

イメージ
行くたびに表示が変わっている武蔵小金井駅コンコースの下り発車標。
割付の変化が分かるように、1枚にまとめてみました。

中央線 武蔵小金井駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】中央線 武蔵小金井駅の変更を反映しました。

中央線 西八王子駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】中央線 西八王子駅の変更を反映しました。
  (撮影:2019年5月)

中央線 武蔵小金井駅

イメージ
中央線 武蔵小金井駅2番線ホーム発車標の、下り始発表示を確認してきました。
上りでは、始発が緑の反転(手入力)で表示されていたようですが、下りは橙色で表示されていました。
なお、無表示⇔始発の交互表示になっています。

コンコースの発車標では、始発表示はありませんでした。

2020.7.26追記
武蔵小金井駅2番線、上り始発表示も確認しました。
先日の情報の通り、始発が緑の反転で表示されています。

調査時点で、発車標にスクロールが表示されていない状態では、なぜか①の固定表示になっていました。
(スクロール中のみ②~④が表示されていました。)

中央線 高尾駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】中央線 高尾駅の変更を反映しました。

新宿駅

イメージ
明日7月19日に東西自由通路の供用が開始される新宿駅。
改札口が移設されるため、新しい改札付近と改札内コンコースに発車標が多数新設されました。
いずれも高さが抑えられた発車標で、従来のフォントで表示されています。

西口・東口に今ある発車標は、今後撤去になるのでしょうか?

中央・総武各駅停車 飯田橋駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】中央・総武各駅停車 飯田橋駅の変更を反映しました。

飯田橋駅(駅舎・ホーム移転当日)

イメージ
7月12日より駅舎が新しくなった中央・総武線 飯田橋駅です。新しい西口には16ドット12桁2段の発車標が設置されています。

新しいホームは24ドット10桁2段の発車標です。

旧ホームが東口への通路になっており、東口階段上に1台ずつ古い発車標が残されています。(階段上以外はカバー)
放送が切られているので、無音状態で「電車がまいります」点滅し、旧ホームを通過していきます。

武蔵野線 市川大野駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】武蔵野線 市川大野駅の変更を反映しました。

中央・総武線 中野駅

イメージ
中央・総武線 中野駅1・2番線ホームの発車標がLCD発車標に交換されました。

2番線の割付はかなり特殊で、行先/時刻/始発の順になっています。
また在線位置表示では、通常「大久保」「東中野」「当駅」と出るところ、「前々駅」「前駅」「当駅」と表示され、英語場面では駅名が無表示になります。

2番線発車標の割付が日・英でずれる理由はよく分かりませんが、このあたりと同じ現象な気がします。
(割付を変更しているためなのか、始発を出しているためなのか…?)
上野東京ラインなどで使用されているフルカラーLED発車標や、LCD発車標等でおなじみの、「特殊な表示が入るとずれる」現象はここでも発生しています。
日本語と英語でずれ方が違っています。 pic.twitter.com/JiC2js5wc7— あとす (@ATOS_LED) September 16, 2019

飯田橋駅(駅舎・ホーム移転前日)

イメージ
明日7月12日初列車からホーム・西口改札が移転する飯田橋駅。
明日から稼働すると思われる新しい発車標が設置されていました。
不鮮明な写真で恐縮ですが、どちらもLED式の筐体に見えます。


現ホーム最終日の飯田橋駅。

日常だった光景を、発車標と絡めて。 https://t.co/H7GjWxPP3b

武蔵野線 東松戸駅の変更を反映しました。

イメージ
【#LED発車標Wiki更新情報】武蔵野線 東松戸駅の変更を反映しました。